黒田 晃

2011年 中途入社

投資開発部

scroll

Mission[ GLPでの役割 ]

先進的物流施設を建設するための用地取得を担当しています。用地取得は不動産開発事業の起点となる業務であり、事業の大枠を企画する仕事です。物流事業に適した立地を把握し、仲介業者や金融機関から土地情報を得てマーケットを分析した上で、どのような建物を建てるか、どの程度の収益が見込めるかシミュレーションを行い、事業収支を構築します。また、事業リスクの洗い出しと極小化を考え、土地売主と条件交渉を行い、契約から引渡しまでを行います。

Passion[ 仕事へのこだわり ]

大きなプロジェクトを円滑に進めるためには、設計、リース、プロパティーマネジメント、法務等の多岐に渡る部門や、外部パートナーとの協力が欠かせません。そのため、どのプロジェクトでもチームプレーが発揮できるよう、日頃のコミュニケーションを大事にしています。幸い、GLPのオフィスは、仕事する席を自由に選べるフリーアドレスなので、他部門の人ともコミュニケーションを図りやすく、チームプレーの発揮に繋がっています。

Goal[ 今後の夢や目標 ]

今後も変化していく顧客やマーケットの動向をしっかりと見極めながら、常にこれまでの想像を超える企画を生み出し、取り組んでいきたいと思っています。目指しているのは物流不動産の「企画屋」になることです。物流を取り巻くビジネスがどう変化していくのか、時代を先読みしながら最先端の物流施設を企画したり、将来的に価値を生み出すポテンシャルがある土地に着目したりと、どんどん新しいことに取り組んで事業として成功させていきたいですね。

GLP入社につながったのは
物流不動産ビジネスの
成長を確信したこと

前職は大手不動産会社で、マンション用地の取得をする業務を経験し、その後大学院へ進学しました。ちょうどサプライチェーンマネジメントが盛んになっていた頃です。これまでの用地取得の業務経験と大学院での学びから、「これからは物流不動産ビジネスが成長する時代になる」と確信するようになりました。
物流不動産ビジネスについては全くの未経験でしたが、これから成長するマーケットで自分のキャリアを積みたいと感じていた中で、GLPが日本での物流不動産ビジネスのパイオニアであり、マーケットを牽引する存在であるということを知りました。社員との面談を重ね、GLPでなら物流不動産ビジネスの最先端を学びながら、自身も成長していけると思い、入社を決めました。

印象に残っている仕事

社会インフラとなる物流施設の開発プロジェクトを最初から企画し、それが実際に形となった時は嬉しかったですね。入社してすぐに、GLP初の開発案件である「GLP三郷Ⅲ」の用地買収を担当しました。100名近い地権者の土地を一括で購入する土地区画整理事業地内でのプロジェクトであり、行政や地権者など多くの関係者がいる中で、どのような物流施設を建設するのか、社内外でも注目されたプロジェクトでした。入社してすぐの社員にここまで責任の大きい仕事を任せてもらえることに非常に驚きましたが、プロジェクト関係者で議論を重ね、今では一般的となった免震設備やLED照明の採用、米国の環境認証制度であるLEEDを日本の物流施設で初めて取得するなど、新しい企画を盛り込んだことで、早期のリースアップが達成できました。多くの企業に入居いただき、サプライチェーンの一翼を担って満室稼動していることが嬉しいです。
このプロジェクトに限らず、物流施設の開発は数百億円規模になり関係者も多岐に渡ることから、社内外の関係者の協力を得ながら満足のいく結果に辿り着くための努力は不可欠です。また、前例と同等レベルでの事業が企画できれば良いという考えはなく、常にもっとも優れた事業を企画して、企業の成長に繋げていくという思いを持って挑戦し続けています。

TOP