和田 沙矢香

2013年 中途入社

財務部

scroll

Mission[ GLPでの役割 ]

銀行との関係構築や資金調達の業務を中心に担当しています。財務部では、銀行とコミュニケーションをしっかりと取り、関係を構築することが非常に重要なミッションです。また、資金調達の際は、物件の魅力を売り込み、最適な資金調達を行うことも大事な役割です。そのため、物件の土地は必ず見に行くなど、案件を深く理解することは欠かせません。バックオフィスと思われがちですが、財務部は営業であると思っています。

Passion[ 仕事へのこだわり ]

何でも率先して取り組むことをいつも意識しています。様々な業務をやればやるほど、ささいなことから重要なポイントに気づけるようになったり、いつもと異なる業務から思わぬヒントを得たり、良いことづくしだと思っています。意識しないと成長する機会は逃してしまうので、沢山あるその機会をものにして自分の成長に繋げていきたいと考えています。

Goal[ 今後の夢や目標 ]

現在は日本の資金調達に関わっていますが、グローバルな資金調達にも挑戦したいです。現在は各国のGLPの担当者が現地の銀行と取引をしていますが、日本の銀行が世界中のGLPの業務に興味を示してくれるのなら、その時は私がGLPと銀行の懸け橋になれればと思っています。

社内公募に手を挙げ、
財務部へ

GLPに入社し、しばらくはマーケットリサーチ等を担当する経営企画部に所属していました。だんだんとファイナンス(資金調達)系の業務にもチャレンジしてみたいと思うようになっていた時に、「社内公募制度」が導入され、財務部にオープンポジションが出ました。このチャンスは逃すまいと、すかさず応募して、選考を受け、財務部に異動することが決まりました。財務業務の経験は皆無でしたが、未経験にもかかわらず、自分がやりたいと手を挙げたことを会社が応援してくれて、嬉しかったです。この件に限らず、GLPはチャレンジしたいという社員の気持ちに耳を傾け、応援してくれる会社だと思います。私もこれからもどんどん新しいことにチャレンジしていきたいですし、同僚がチャレンジする姿にも刺激を受けていきたいと思っています。

日本の銀行と海外の
GLPの
懸け橋になりたい

未経験で始めた財務部の業務ですが、異動して比較的早いタイミングで、数百億円という資金調達を担当し、会社にとっても良好な条件で資金調達を行うことができました。銀行との交渉では難しいと感じるシーンもありましたが、折衝や交渉を続けて色々な難局を乗り越えた結果、銀行側の担当者の方とも信頼関係ができました。担当者の方とはお互いに案件を良いものにしたいという想いで取り組み、成果につなげることで互いにWINWINの関係になることができるのだと、その時に実感しました。何十億、何百億という大きな資金調達は非常に責任が重いですが、それを担当できる機会があることはありがたいですし、自分自身の成長にも繋がっていると感じています。

TOP