Life at GLP GLPの働き方

Life at GLP GLPの働き方

scroll

Our Environment

最高の環境で、
最高のパフォーマンスを。

GLPは、先進的物流施設のリーディングプロバイダーとして、マーケットを牽引してきました。そしてこれからも、成功に安住することなく挑戦しつづけることで、人々の想像を超えるイノベーションを起こしていきたいと考えています。

そのために、社員が仕事を楽しみながら、お互いに支え合って最大のパフォーマンスを発揮し、大きな目標を達成できるよう、オフィスや制度などの職場環境づくりは、さまざまな工夫を凝らして力を入れています。

GLPは、意思決定プロセスが速く、機動的で柔軟性のある組織です。部門、役職、年齢などの垣根を越えて、社員ひとりひとりが豊かな発想でアイデアを出し合い、臆することなく積極的に新しいことにチャレンジしています。また、ファミリーオリエンティッドで、チームで目標を達成していくことや組織としての一体感を重視しています。

これからGLPに入社するみなさんにも、このような環境を生かして、のびのびと楽しみながら力を発揮し、成長していってほしいと考えています。

社員の意見やアイデアがGLPのビジネスを推進しており、“人財力”がGLPのビジネスを支えています。 これからもその“人財力”を最大化し、GLPは新たな発想と変革を生み出せる組織でありつづけます。

人事部 小林 真綿子

これからGLPに入社するみなさんにも、このような環境を生かして、のびのびと楽しみながら力を発揮し、成長していってほしいと考えています。

社員の意見やアイデアがGLPのビジネスを推進しており、“人財力”がGLPのビジネスを支えています。

これからもその“人財力”を最大化し、GLPは新たな発想と変革を生み出せる組織でありつづけます。

人事部 小林 真綿子

Our programs

On Board Program

On Board Program
OPEN OPEN

新入社員をチームのー員として歓迎し、企業文化にいち早く馴染み、活躍していただくため、新入社員フォローアップをおこなっています。
新卒採用でも中途採用でも、それぞれ異なったバックグラウンドを持つ新入社員が、スムーズに職場環境に溶け込み、周囲と良いコミュニケーションをはかれるよう、GLPの全体的なビジネスへの理解促進や、職場のファシリティーの利用説明、OJTでの業務理解、メンタルケアなど、様々な観点で必要なサポートを提供しています。
また、入社後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月時点で所属部門長と面談も実施しており、ざっくばらんに話ができる関係を構築しています。

メンター制度

メンター制度
OPEN OPEN

新入社員が職場に早く慣れるように、他部署の社員がメンターとして良き相談相手となり、上司とは違う目線でサポートをおこなう制度です。メンター・メンティ間のコミュニケーションを活性化するために、月1回のランチを会社が費用負担する形でおこなっており、業務を離れたプライベートでも仲良くなることも多くあります。

制度利用者の声

エンジニアリング部 下川博之

投資開発部 高見行洋

エンジニアリング部 下川博之

[下川]メンターとメンティの組み合わせは業務歴が基準ですので、メンターの方が、年齢が若いというパターンもあります。また、部署が違う人がメンターになるので、メンティの方は他部署にパイプをつくることができるメリットがあります。私の場合は指名制でメンターに任命されましたが、時々、2人でランチの食べ歩きをしたりと、高見さんとは気が合うので仕事以外でも本当に楽しいですね。

投資開発部 高見行洋

[高見]私の部署の先輩は出張が多いのでオフィスで顔を合わせる機会が少ないんです。そんな中で、下川さんには気軽にいつでも社内のことを聞けるし、様々な相談ができます。2人の業務内容が建設関連で共通点も多く、技術的な知識も質問して助けてもらいました。また、仕事だけでなく下川さんのおかげで、違う部署の飲み会や社内のイベントに顔を出しやすくなり、社内コミュニケーションもスムーズになりました。自分が先輩になった時にメンターになって新入社員を助けてあげようと思うようになりました。

バディ制度

バディ制度
OPEN OPEN

社員同士の親密感や連帯感の醸成のため、自主的に手を挙げた2人1組でバディを組み、1 年を通じてお互いをサポートする制度です。互いに仕事への考え方や人間性を知った上で関係性を構築していくことで、良い連帯感が生まれます。

制度利用者の声

投資運用部 川辻佑馬

投資開発部 大木哲

投資運用部 川辻佑馬

[大木]中途採用が多いので年齢が同じでも入社年次がバラバラのことが多いのですが、私と同学年の川辻さんが入社したことで以前からやろうと言っていた同学年の会が実現しました。それを通じて他部署の同期の人とのつながりができました。仕事がらみの話だけでなく個人的なことも話せ、オフィスではわからないその人の性格や人間性が分かり、理解が深まって人間関係が濃くなりました。

投資開発部 大木哲

[川辻]自然に連帯感が生まれますね。ほかにも会社負担で月1回ランチに行けて、いろいろな人と仲良くなり、いい店もたくさん知りました。実際に話すことで相手の性格を知り、その真意をはかることができて仕事がしやすくなります。

[両名]とにかくバディから派生していろいろな人間関係ができるのでとてもいい制度だと実感しています。

トレーニング

トレーニング
OPEN OPEN

ひとり年間10万円までの会社の費用補助のもと、上司と相談しながら、自身の仕事やキャリアのステージで必要になるトレーニングを選択して受講できる制度です。社員それぞれで、その時々に必要なトレーニングは異なるため、トレーニング制度を活用して新たな知識やスキルを身に付け、成長機会に繋げてもらいたいと考えています。

福利厚生プログラム

福利厚生プログラム
OPEN OPEN
  • 健康増進、メンタルサポート、法律相談などをライフプランやライフスタイルに合わせて活用できます。
  • 全社員が年1回特別休暇を使って健康診断か人間ドックを受診します。
  • 従業員とその家族はメンタルヘルスカウンセリングを無料で受けられます。
  • 福利厚生ポイントが付与されて健康や育児などの指定メニューを使用できます。

イベント

イベント
OPEN OPEN

コミュニケーションを活発にし、
チームワークを形成する楽しいイベントがいっぱい。

イベント

謎解きツアー、カーリング大会など毎年バラエティに富み、半年かけて米づくりなどの進化系も。(社員旅行)

イベント

大人気の社内ランチ会は1日社員食堂のようで工夫を凝らしたランチが揃い大賑わいとなります。(ランチ会)

イベント

社員が自発的に提案し、絵本づくりやゴミ拾いなどのボランティア活動に参加します。(ボランティア)

イベント

スポーツ好きな社員のためにフットサル、テニス、バスケットボール、卓球などのサークルが。(社内サークル)